BLOG & NEWS

塗装工事における美しい色とは!?

2019/05/25 ブログ

塗装工事における美しい色とは!?

屋根や外壁などの塗装工事で皆さん迷ってしまう色。弊社のお客様でも迷ってしまう人が多くいらっしゃいます。屋根外壁塗装を行うと10年から15年くらいはそのままの色で過ごさなくてはいけません。塗装工事は高価な買い物なので、すぐすぐには塗り替えができないので、悩ましい問題です。

ここでは塗装工事でいう美しい色を解説していきます。

家のイラスト

 

 

美しい色とは単色の色ではなく配色

人が美しいと感じる色は、白や黒、赤、茶などの単色の色ではありません。人は、いくつかの色の組み合わせを見て美しいと感じ、その中の主となるメインの色のことを美しい色と判別しています。

朝日や夕日を見てきれいな色だと感じることはありませんか??その色が何色かと問うと多くの人はオレンジという答えが返ってくると思います。

しかし、それはオレンジ一色の単色ではなく、赤や白、オレンジ系統の色が違うトーンが混ざり合った色合いをしています。

さらには、青い空のトーンや白い雲からの対比によって主となるメインのオレンジが引き立てられて、美しい色に感じられます。

このことは、風景だけではなく、植物などでも同様です。花壇に咲く赤や黄色の花がきれいなのは、葉っぱや土の緑や茶色を一緒に目に入ってくるからで、花びらが葉っぱと同じ緑だったり、土と同じ茶色だったりしても、美しい色とは感じられないのです。

配色 花

美しい配色とは!?

ここまで話したことのように、自然界の中に美しさがあるのですから、住宅やアパート、マンションの塗装も、自然の手本にすればうまく行くはずです。とくに色の組み合わせを考える時には、植物が一番分かりやすいです。

ひまわりを例にしていみると、ひまわりの色の配色は、花の黄色、たねの茶色、幹や葉っぱの茶色の緑です。これを建物に当てはめると、外壁が黄色、各部分が茶色、屋根が緑といった具合になります。

もっとスタンダードなものだと、木のような配色も良く使われます。外壁がベージュ色(幹)、雨どいや庇、雨戸などが茶色(枝)、屋根などが緑青色(葉っぱ)という配色の家をどこかで見たことがあるかと思います。

このように自然の色から配色を考えればバランスの取れた色、美しい色に見えてきます。

building_house6

美しさという品質

美しいと感じる色は食事のシーンにもあります。高級レストランのコックは、お皿の一枚の上でどう演出するかをこだわります。味はもちろん、見た目でもさらに美味しさを表現できるように作ります。住宅やアパート、マンションの塗装工事の配色にもこれに似た部分があります。

配色が美しいと塗装が長持ちするように感じられ、住み心地も高めてくれます。建物は人工的に作られたものですが、色の組み合わせはより自然に、そしてさりげなくアクセントカラーを入れることが、美しい配色につながります。

何種類もの色や鮮やかな色を使いすぎるとコストがかさむという、暗黙の事情もあります。

美しさがずっと続く超耐久・美観保持性に優れたリファインシリーズ

美壁革命 リファインシリーズ

 

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


このページのトップへ