BLOG & NEWS

宮崎県児湯郡高鍋町の外壁塗装工事が完成しました!

2018/09/05 工事ブログ

宮崎県児湯郡高鍋町の外壁塗装工事が完成しました!

2018.09.05塩谷篤司様ご自宅外壁塗装工事2

 

築が約20年で、今回が初めての外壁塗装を行ったそうです。もともと中古の物件で購入されたこともあり、カラーシュミレーションなどを行い、配色にとてもこだわって外壁塗装をおこないました。

塗料はとても興味があったという、アステックペイントのリファインシリーズを扱う業者をご希望で、弊社も加盟店であったこと、価格も予算以内だったとのことで、ご注文を頂きました。

アステックペイントのリファインシリーズは最近の技術、ラジカル抑制の塗料と特殊技術で、シリコン樹脂ですが、耐久性(耐候性)が二液のフッ素樹脂塗料に近い耐久性(耐候性)をほこります。

無機顔料を使用しているので、塗装した色が長期にわたり、変色しにくく、遮熱効果もあるので、熱による塗膜・素地(ここではサイディング)の劣化を防ぐことができます。

超低汚染性で、光触媒の特殊塗料と同じぐらい汚れがつきにくい、なおかつ光触媒のデメリットの『光が当たらないところには効果がない』というものがなく、全体的によごれがつきにくい塗料になります。

 

スライド2

施工前に比べてホワイト色とブラウン色を基調とし、色をはっきり分けることで、家の印象が見違えました。

個人的ではありますが、ホワイト色とブラウン色はとても色の相性がとても良いと思いますので、おすすめをしています。またブラウン色は他の色とにも合うことが多いのでおススメです。

ツートンや配色のポイントはツートンの配色をはっきりさせることが成功の秘訣となります。

 

スライド3

今回は、屋根が陶器瓦(陶器平板瓦)でしたので、塗装する必要性がない部分ではありますが、以前から気にされていた鳥害による汚れが気になされたので、サービスとして洗浄をさせて頂きました。

 

スライド4

また今回の本体工事である、外壁の方も入念に洗浄をして、土間もサービスで洗浄をさせて頂きました。

外壁塗装の基本工程は3回塗りでシーラー、中塗り、上塗りを行いました。

弊社では、塗料の中では2回塗りでも仕上がる材料もありますが、3回塗りの材料をおすすめしています。外壁の塗り替え工事では新築から何年、何十年も雨水や太陽光の紫外線、強風などに耐えてきていますので、傷みが必ずあります。

ここで、下塗り材を改修用の材料で傷んだ外壁を補強していくためにも3回塗りは必須と考えているからです。

 

スライド5

 

一階の外壁もきっちり3回塗りをおこない、完成させました。

お客様もとても喜んで下さり、塗装専門店でよかったと思う工事でした。

 

DSCN1018

 

—————————————————————————————————-

屋根塗装や外壁塗装、遮熱・断熱塗装のこと、リフォームなどの工事は光和建装にご相談くださいませ。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

—————————————————————————————————–


このページのトップへ