BLOG & NEWS

宮崎県宮崎市 Y様邸 屋根塗装塗り替え工事

2019/05/09 ブログ

宮崎県宮崎市 Y様邸 屋根塗装塗り替え工事

先日、足場工事と高圧洗浄をしたお客様で、屋根外壁塗装工事の屋根塗装工事を施工しました。今回は遮熱型で超低汚染型のリファインシリーズの超低汚染リファイン500Si-IRを使用しました。

参考資料:アステックペイントジャパンの超低汚染塗料

屋根の補修

スライド2

今回は、スリット型といわれる形状のコロニアルの塗装工事でした。コロニアルはセメント瓦などの屋根材と比べて、軽くなるように薄い板状に形成された屋根材になります。メリットは軽い材質のため、建物の重さを軽減させ、地震などの揺れに対して強いのが最大の特徴です。また軽いため、屋根の骨組みなどの木材も少なく済み、屋根工事の費用も安く済みます。※1

※1 屋根の葺き替えなどのリフォームに対してはこの限りではありません。

しかし、デメリットもあります。薄い素材のため、瓦などに比べてひび割れしやすい、また写真のように欠けたり、割れたりしてしまうと差し替えが困難ということがいえます

スライド1

塗装工事の時には、欠けやひび割れはコーキング材や屋根専用の割れ補修材で修理する必要が出てきます。コーキング材や屋根専用の割れ補修材で補修することによって、今の痛みを軽減させます。

屋根塗装 下塗

スライド3

屋根の補修が終わったら、塗装工事が始まります。まずはアステックペイント製のサーモテックシーラー(遮熱型二液弱溶剤屋根用下塗材)を刷毛・ローラーで塗布していきます。

シーラーを塗装するメリットとしては、上塗材の密着性を高めるためです。また今回塗装した下塗材は遮熱効果がある下塗材ですので、遮熱効果も期待できます。上塗材の超低汚染リファイン500Si-IRも遮熱性がありますので、ダブルで効果が期待できます。

屋根塗装 中塗

スライド4

下塗材(シーラー)をまんべんなく塗布して、乾燥させたら、超低汚染リファイン500Si-IR(遮熱型超低汚染二液水性特殊シリコン※2)の中塗りのスタートです。※2 特殊シリコンは弊社ではラジカル抑制型を指します。

他のラジカル抑制塗料:日本ペイントのパーフェクトシリーズ

超低汚染リファイン500Si-IR(遮熱型超低汚染二液水性特殊シリコン)は期待耐候年数が13~18年と耐候性・耐久性が良くなるというラジカル制御型のシリコンに比べても特に耐候性・耐久性に優れた塗料になります。(他のラジカル制御型シリコンは15・16年がほとんどです)

屋根塗装 上塗

スライド5

屋根塗装 中塗が乾燥し終わったら、上塗の作業です。上塗は中塗と同じ材料を基本的には塗装します(中には中塗と上塗の材料が違う材料もあります)

上塗材の超低汚染リファイン500Si-IRを二回塗ることで、メーカーの推進している塗膜の厚みを守り、塗りむらを抑える効果、またメーカーの打ち出している期待耐候13~18年という超耐候性を発揮させます。

 

屋根塗装工事はただ美観を保つため、色替えをするために塗装するわけではありません。屋根材の保護が一番の目的です。そのために事前調査や工事前の打ち合わせで補修箇所や方法を特定し、施工しなければなりません。

参考資料:屋根/外壁 無料劣化診断

そこまでして、塗装工事専門店・塗装業者としてプロの仕事だと言えると思います。特に屋根はお客様がなかなか細かく見ることができない・見ることが難しいところになりますので、業者の点検診断が重要だと言えます。

定期な点検診断が塗装工事を安くすませることにもなりますので、気になったら、信用のおける業者・会社に依頼してみてはいかがでしょうか?

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

 

 


このページのトップへ