BLOG & NEWS

宮崎県宮崎市 Y様邸 軒裏塗装塗り替え工事

2019/05/11 ブログ

宮崎県宮崎市 Y様邸 軒裏塗装塗り替え工事

前回の続きの現場で軒裏塗装工事を施工しました。とは屋根の下、外壁の幅部分のところです。屋根は外壁より、比較的に広くつくられています。ですので、外壁と屋根の余白部分ができます。それを軒裏といいます。人によっては、軒天とも呼ぶ方もいらっしゃいます。軒裏部分があると外壁の傷みが少なくて済みます。

軒裏は屋根から来た雨水の跳ね返りなどの水で、汚れや藻、雨染みなどで汚れてしまします。それを改善するために塗装を行います。

 

前回の解説資料

宮崎県宮崎市 Y様邸 屋根外壁塗装工事 高圧洗浄工事

宮崎県宮崎市 Y様邸 屋根塗装塗り替え工事

スライド1

まずは下塗材の塗布します。今回、使用したのはアステックペイント製のエピテックフィラーAE(一液水性改修用下塗材)です。アステックペイント製のエピテックフィラーAE(一液水性改修用下塗材)は上塗との密着を高めて、剥がれにくくしてくれます。また、改修用なので、長い月日でついてしまった細かなひび割れ(ヘアクラック)などを埋めてくれる効果もある下塗材です。

スライド3

下塗材が乾燥してから、つぎに中塗りに移ります。今回の塗料はアステックペイント製の超低汚染リファイン1000Si-IR(遮熱型超低汚染二液水性特殊シリコン上塗材)を使用しています。ちなみに外壁も同じ塗料を使用して施工する予定です。

参考資料:アステックペイントジャパンの超低汚染塗料

 

スライド2

次に上塗り作業に移ります。同じアステックペイント製の超低汚染リファイン1000Si-IR(遮熱型超低汚染二液水性特殊シリコン上塗り材)を塗り重ねていきます。

塗り重ねることにより、メーカーが期待して良い耐候性(期待耐候年数)まで維持し、また塗りむらを軽減します。

ちなみにアステックペイント製の超低汚染リファイン1000Si-IR(遮熱型超低汚染二液水性特殊シリコン上塗り材)は期待耐候年数は15~18年ととても超耐候で、しかも遮熱型・光触媒と同じくらいの汚れの付きにくい(超低汚染性)塗料です。

弊社のお客様で選ばれる一番多い塗料でおすすめです。

『我が家も軒裏(軒天)が汚れているな』と思ったら、まずは一度、家の周りを見てみてください。他にも外壁や雨どいなどいろいろなところが傷んでいるようでしたら、一度、点検調査を会社に依頼をおすすめします。

信頼のおける業者がいらっしゃれば、その業者に依頼されるといいと思います。『知っている業者がいない』・『だれに頼んで良いか分からない』ということであれば、弊社にお問い合わせください。

もちろん点検診断無料・無料で診断報告書を差し上げます。

↓↓↓劣化診断(点検診断)はこちら↓↓↓

屋根/外壁 無料劣化診断

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


このページのトップへ