BLOG & NEWS

日本ペイントのパーフェクトシリーズ その1

2019/04/28 ブログ

日本ペイントのパーフェクトシリーズ その1

0001-1

 

0001-2

 

パーフェクトシリーズとは

0002-1

 

日本ペイントは明治十四年の創業以来、当社は様々な塗料を開発してきました。 塗り易い塗料、キレイな塗料、耐候性の良い塗料・・・ しかし常に頭を悩ませてきたことがあります。 それは、バランスです。

施主様、施工店様、販売店様。三者すべてにご満足いただける製品を! 塗料のリーディングカンパニーとして、この究極の命題に応える義務があるのではないか。

その想いから、パーフェクトシリーズは誕生いたしました。 下塗り塗料から始まったパーフェクトシリーズは、今や外壁・屋根・屋上・内壁と、 時を経るごとにそのラインナップを広げています。

そしてこれからも、塗装に関わる全ての方たちに【パーフェクト】をご提供し続けます。

 

0002-2

 

パーフェクトシリーズの性質

 

0002-3

パーフェクトシリーズの代表的な機能は 「ラジカル制御」。ラジカルは塗膜を傷める 原因物質。このラジカルにいち早く着目 し、ラジカルを発生しにくく、さらに発生して も抑えることができるダブル効果でさらに 上の耐候性を実現しました。他にも「トリプ ル遮熱」や「セラミックハイブリッド効果」な ど充実した機能がたくさんあります。
塗料は施工会社さんの手によって初 めて上質な塗膜に変化します。その 施工会社さんがより上手に塗装でき るようパーフェクトシリーズでは塗 料の「伸び」や「軽さ」「仕上が り」を追究しています。
「より良いものを作り、価値よりも 低コスト」にすることでパーフェク トシリーズに関わる全ての人の満足 度を向上させたい。皆様には良いも のがより低コストで提供できている と好評いただいております。
0003-1
パーフェクトシリーズは様々な用途によって色々な商品のラインナップがあります。シリーズ商品なので、選択しやすいのも一つのメリットです。

屋根

0003-2

ファインパーフェクトベスト  ターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料

オーソドックスなシリコンを凌ぐ耐候性のある塗料です。

パーフェクトクーラーベスト 水性ラジカル制御形高耐候性屋根用高日射反射率(遮熱)塗料

高耐候性のラジカル制御ハイブリット塗料に遮熱性をプラスし、環境に配慮した画期的な塗料です。

パーフェクトクーラーサーフ 水性反応硬化形熱伝導制御サーフェーサー

遮熱効果のある屋根専用の下塗材です。パーフェクトクーラーベストとの相性が抜群の下塗材です。

バルコニー・陸屋根

0003-3

パーフェクトプルーフ  2液形ウレタン樹脂塗料

バルコニーや陸屋根の床専用 防水材です。雨漏りなどにはパーフェクト1Kプルーフや保護の場合は、パーフェクトプルーフトップなど、バリエーションに富んだ材料です。

外壁

0003-4

 

パーフェクトセラミックトップ G 水性2液形セラミックハイブリッド超高耐候超低汚染無機系塗料

パーフェクトシリーズの中で最上級ランクの超高耐候塗料。フッ素を超えた耐久性を誇ります。

パーフェクトトップ 1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料

オーソドックスなシリコンを凌ぐ耐候性のある塗料です。

パーフェクトトップローズ 1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料 バラの香り付き

高耐候のパーフェクトトップにバラの香りをプラス。工事中に気なる臭いを和らげます。

ファインパーフェクトトップ ターペン可溶1液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料

パーフェクトトップの油性(弱溶剤)タイプ。雨どいや破風板などの附帯部分塗装も可能になります。

内装・室内

0003-5

パーフェクトインテリア EMO 内装用水性特殊多彩意匠仕上材

デザイン性に富んだ内装塗料。

パーフェクトインテリア土壁けいそう 内装用調湿型珪藻土含有土壁模様こて仕上材

珪藻土のパーフェクトシリーズ。

パーフェクトインテリアしっくい 内装用しっくい模様ローラー仕上材

塗料でしっくい模様が実現できる 画期的な室内専用塗料。

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


このページのトップへ