新着情報

NEWS

外壁塗装の必要性とは!?

塗装の必要性は『色を塗り替える』『きれいにする』だけではありません。外壁塗装のプロがいるという事は、それ以外にもさまざまな役割を担っていると言えます。

 

 

ここでは『外壁塗装の必要性』として、外壁塗装(塗り替え)の重要性を解説していきます。

外壁塗装の必要性を十分理解して頂き、お客様の大切な住宅・店舗・アパート・マンションなどの建物に対して、本当に今、必要かどうかを判断してもらいたいと思っています。

 

外壁塗装の役割は大きく分けて2つあります。

 

 イメージを変え、きれいな見栄えにすること
◎ 外壁を腐食から守ること

 

外壁を塗装する、ということは、見栄えを良くすることはもちろん、実は屋根と同様に外的要因から家を守る要素が非常に大きいのです。

 

直射日光や雨風などで、どうしても物質は劣化していきます。外壁材は色々な種類の材質があり、外壁が雨水を吸わないように、または侵入しないように、撥水加工のコーティングを施しているものが一般的です。

 

しかし長い年月(外壁塗装などの平均塗り替え時期は10年おき)を経過していくと、撥水加工のコーティングは効果を無くします。また外壁塗装などの塗り替えの塗料に比べると比較的に耐久性(耐候性)が低い(弱い)ものがほとんど使用されています。

 

外壁は柱や梁などの骨組み部材とそれを覆う仕上げ材で構成されていますので、その損傷は、美観を損ねるだけではなく、雨が滲み込んだりして、木部を腐らせたり、断熱材を湿気させるなど、住まいの耐久性にも影響してきます。

 

そこまで影響していくと、外壁塗装だけではどうすることもできません。骨組みなどが痛んでしまい、利用ができなくなってしまった場合は、骨組みごと取り替えなくてはならず、骨組みを変えるという事は、その前の役物である、外壁材も取り替える必要があるので、かなりの費用がかかってしまいます。

 

 

ですので、きちんとしたメンテナンスをしていれば、建物の寿命も延び、家の資産価値を高めることにもなります。長くきれいな家を維持するためには、塗装の選択が大きなウェイトを占めているのです。

 

 

また、塗り替えのタイミングを間違えますと、程度によって大掛かりな修復作業が必要となり、費用も高額になってしまう場合もあります。

 

それは、防水工事も同じで、家の中に雨が漏れてきてからでは遅いのです。少しでも屋根・屋上から水が浸食しているようであれば、家の中に到達していなくても、外壁内部に滞留しているのです。そこから、木部・鉄部に限らず、劣化がはじまっているのです。


そうなってしまうと、外壁材と同じように、骨組み以外に屋根材や屋上の材まで、取り替えないといけなくなり、これもまた高額な費用がかかってしまう恐れがあります。

 

 

家は大切な資産です。早めに対応していただくことをお勧めいたします。

 

いかがでしたでしょうか?外壁塗装は外壁を腐食させないようにさせる重要な工事・リフォームとなります。

 

塗装工事をする『時期』や『何年おきに塗装するかの計画』などを立てておくと、スムーズに塗装工事をする事ができるかと思います。

 

私、横山も2019年の6月にわが家を屋根塗装・外壁塗装を行いました。私は15年おきに塗装する計画を立てて、ラジカル制御のハイシリコンで遮熱型・超低汚染のリファインSi-IRシリーズで塗装をしました。リファインSi-IRはアステックペイントの商品です。

 

 

※アステックペイント リファインSi-IRの商品説明はこちら※

 

期待耐候年数15~18年なので、塗装工事を15年おきに塗装する場合にぴったりな材料だと思ったからです。

 

ちなみに弊社の今、一番人気の商品です。気になった方はお気軽にご相談ください。

 

 

□■■□■■□■■□■■□■■□■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

 

■お問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

 

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■