新着情報

NEWS

コーキングの重要性について

今回は、塗り替え時期のサインとなるタイミングの時に出てきた、コーキングについてサラッとお伝えしていきたいと思います。コーキングとは、わかりやすく言えば家の基礎と壁をつないだり、壁と壁を繋ぐボンドのようなものと覚えてくださいと言いました( ..)φメモメモ。

 

外壁を見たときに縦やら横やらに走っている白いゴム製のようなもの…。あれです。ほかには家の窓の周りにもありますし、あちこちにあります。伸縮性があり伸び縮みして、ショックを吸収しています。

 

コーキング シーリング 変性

 

では、このコーキング材といいますがこのコーキング材の役割についてです。コーキング材の役割は壁と壁の隙間を埋めて水の侵入を防ぐ防水の効果と、地震などで揺れた時の壁へのダメージを軽減する効果があります。パッと聞いただけでかなり重要な働きをしているのがわかりますね。しかし、このコーキング材が剥がれたり、ヒビがはいっていると防水効果が弱まってしまってヒビから雨水が浸入してしまいます。

 

 

ではコーキング材の傷む原因とは何かというと…。経年劣化。目安としてはここも10年くらいと言われています。他には紫外線、雨、風など気候の影響によるものです。これらの原因で劣化が進むと、壁と壁の間にあるものですからそこに水が浸透していきます。穴があったら水が入ってしまいますよね。そうなってくると内側から腐食してもろくなったり、カビが生えたりと大変なことになります。

 

すぐすぐには外壁に症状が現れないかもしれませんが、気をつけないと外壁に症状が現れた時には内側から板が傷んでたりしているかもしれません。板だけに…( ゚Д゚)。言ってはいけないことを言いました(苦笑)。壁がボロボロになると塗装だけでは済まなくなり貼り替え工事!となる可能性だってあります。早めのケアが大事だと思います。

 

 

塗装の目安もコーキングの目安もおおよそ10年です。塗装を考えられている場合は、コーキングの補修も一緒に検討して頂きたいです。もし塗装だけで終わるとコーキングだけでみると単純にですが20年待つことになります。コーキングもちません(;´Д`)。それなら塗装で補えないのかとなりますが、塗料はコーキング材のように伸び縮みしません。よってすぐに傷んでいき隙間が完成してしまいます。

 

せっかく塗装したのにコーキングを後からした場合、足場を立てるのですが足場代も二重にかかってしまいます。塗装する時はコーキングも一緒にすることをおススメします。何社か見積もり出してもらう時には工事内容の中にコーキングが入っているか気にしてもらえるといいかと思います。

 

外壁塗装 ローラー 下塗り 上塗り シリコン フッ素

 

塗装とは外壁を保護する膜となります。壁がボロボロになりその上から塗装してもキズが無くなることはありません。人の怪我した時の絆創膏の傷治らないバージョンです。そんなことしたら私は全身絆創膏まみれです。人によって考え方は違うと思いますが、傷がつく前に保護してあげることが大事だと私は考えます。いつまでも綺麗で健康的な家だと気持ちも前向きに明るくなりオールオッケーな感じがしますね!!ということで今回はコーキングの大切さについてでした。