新着情報

NEWS

ハウスメーカーで家を建てられた方 長期延長保証とは!?

ハウスメーカーで家を建てられた方 長期延長保証とは!?

『ハウスメーカーの延長保証に入っているんですが、ハウスメーカーの見積が高く迷っています…』という話をよく耳にします。ここでは、この長期保証について書きます。

外壁

現在、新築の家には例外がなく、10年の瑕疵担保保証が付いています。家が建ってから10年の間に雨漏りのような重大な欠陥が見つかった場合、業者はその欠陥を無料で直さなければならないことが法律によって決められています。

そして多くのハウスメーカーでは、この10年保証に加えてさらに長期の『延長保証』をうたっています。20年、30年は当たり前で、長いところでは60年、中には『永久保証』というところまであります。

保証期間を長くしてくれることは消費者にとってありがたい話なのですが、この延長保証には単純に喜べない事情があります。

『延長保証』は家電製品や精密機械などの商品に良く用いられています。例えば電気屋さんでテレビを買うときは通常1年間のメーカー保証が付いてきますが、その時に延長保証料金をいくらか支払うことで、保証年数を5年間に延ばせたりします。

その場合、テレビが故障しても、5年間は原則的に何度でも無料で修理してもらえます。だから住宅の場合でも『50年延長保証』であれば、保証料金を支払うことで50年間の間に発生した欠陥を何度でも修理してくれるイメージをもっています。

ところが、ハウスメーカーの延長保証はそうではありません。ハウスメーカーの延長保証は多くの場合、自社による点検と自社による有料のメンテナンス工事を定期的に行うことを条件としています。実際にハウスメーカーの発行している保証書の但し書きを見てみると、次のように条件が小さく記載されています。

弊社が10年毎に行う定期診断を受け続けること。そしてその結果、工事が必要と判断された時に、その部分の耐久性維持のための有償工事(耐久工事)を受けること。

この文言に込められたハウスメーカーの本音がお分かりでしょうか!?この文言は、主に『屋根と外壁』について書かれたものです。屋根と外壁は耐久性を維持させるために通常10年毎の再塗装工事が必要なので、そのタイミングでが点検を行います。

当然、再工事が必要と判断されて、その工事代は一般的な相場で30坪(一階が20坪、二階が10坪の延べ坪面積と仮定)として大体80万円から120万円くらいです。そしてその工事代を支払って、ハウスメーカーで再塗装工事を行った場合のみ保証が延長されるというものです。

つまりいくらハウスメーカーが『屋根と外壁の延長保証50年』とうたっていようと、実際にその保証を受けるためには大体100万円の再塗装工事が4回も必要なのです。

10年目以降の延長保証を受けるためには、ハウスメーカーによる点検

しかし果たしてこれは『保証』なのでしょうか?よくよく考えてみると、家の持ち主が普通にお金を支払って10年毎に塗装工事をしているだけの話であって、世間一般で言うとところの『保証』とは少し意味合いが違う気がします。

では、なせハウスメーカーはこれをあえて『延長保証』と呼ぶのでしょうか?もうお分かりかと思いますが、これがハウスメーカーの営業手法だからです。まず『延長50年保証』とうたうことで、『頑丈な家を建てることができること』をアピールして新築の受注を増やすことができます。

そして家を建てて10年後に『うちで工事しないと保証が継続できません』という切り口で屋根と外壁の再塗装工事を受注するのです。

は新築だけをやっているイメージですが、近年では新築市場が急速に縮小でいています。また逆にリフォーム工事市場は拡大していているのです。ですので、家が建った後のリフォーム工事も精力的に行っています。中でも定期的に発生する外壁塗装工事は、ハウスメーカーにとって安定した収益源になっているのです。

その工事費用は30坪(一階が20坪、二階が10坪の延べ坪面積と仮定)として大体80万円から120万円くらいですが、これは自社で施工する(塗装工事専門店・塗装工事業者)中小企業に依頼した場合の価格です。

ハウスメーカーに依頼した場合は3~4割の利益を確保した上で工事を下請けの業者に外注するので、工事代は大体140万円から200万円くらいになります。

そして言うまでもなく、その下請け業者とは塗装工事専門店・塗装工事業者の中小企業です。つまり実際に工事を行うものが同じ塗装工事専門店・塗装工事業者でまったく同じ工事内容にもかかわらず、依頼先がハウスメーカーに変わるだけで価格が3割以上高くなってしまうのです。

それでも多くの人は保証を継続するためにハウスメーカーに工事を依頼します。しかもこの場合はハウスメーカーの『言い値』で工事をせざる得ません。

今の時代、リフォームで相見積もりを取ることは常識ですが、ハウスメーカーの営業マンは『他で工事を行うと保証制度が受けられなくなりますよ』というセールストークを武器にして、相見積もりなしの『言い値』で工事を受注できるのです。そのため元々高価な工事代金がさらに高くなる傾向があります、

ちなみに外壁塗装工事を50年間やり続けると、専門店では350万円から480万円でおさまる費用が、依頼先がハウスメーカーに変わるだけで600万円から800万円に跳ね上がってしまします。その差は250万円から320万円です。

しかしそれでも、人には今持っている権利を失うことをとても嫌がる性質がある為、ついつい保証を継続したくなってしますのです。

10年目以降の延長保証を受けるためには、ハウスメーカーによる点検

 

塗装専門店の場合

ただ、保証を継続させるための費用が、一般の家のメンテナンス費用を上回ってしまっては本末転倒です。保証も意味がなくなるところか、保証の継続にこだわったために損をしてしますのです。

結局のところ、住宅メーカーはそれぞれ独自の長期保証をうたっていますが、本来の意味での『保証期間』は、法律によって義務付けられている10年だけなのです。

ただ、ここで書かせていただいたのは、あくまでも多くのハウスメーカーに共通して言える一般的な内容です。中には、本当に有効な長期延長を行う会社がいるかもしれません。保証の内容は各社のホームページに記載されていることがありますので、一度確認してみることをおススメします。

 

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■