新着情報

NEWS

低汚染遮熱屋根用塗料 リファインシリーズ

工場・倉庫の屋根は紫外線や雨風・汚れなど過酷な環境に晒されている分、他よりも劣化しやすい部位です。
だからこそ次のような性能を持つ塗料をおすすめします。

 

高耐候性

劣化要因である紫外線や雨に対して強い耐性を発揮し、劣化しにくい性能。
耐候性が高い塗料ほど、建物を長く保護し続けます。

 

防水性

劣化要因である紫外線や雨に対して強い耐性を発揮しスレート屋根のひびやボルトが抜けた箇所から水が浸入するのを防ぐ性能。
雨漏れの発生を抑える効果があります。

 

遮熱性

温度上昇の原因となる近赤外線を反射し、屋根表面や屋内の温度上昇を抑えることができる性能。
熱中症対策・省エネにも貢献します。

 

低汚染性

汚れがつきにくく、塗りたての美しさを保つことができる性能。
熱の吸収要因である汚れがつきにくいため、遮熱効果を長続きさせることもできます。

 

 

温度上昇の原因となる汚れが付着するのを防ぎ、遮熱効果が長持ちする遮熱保持塗料。

 

 

遮熱性

超低汚染リファインシリーズは特殊遮熱無機顔料の使用により、温度上昇の主要因となる近赤外線を効果的に反射します。

※建物構造、工場内設備によって温度変化の程度に差が出ます。

 

 

 

遮熱保持性

汚れが付きにくい「低汚染性」を持つため、遮熱効果が長続きします。
超低汚染リファインシリーズは、熱を吸収する原因となる汚れが付着しにくい、「超低汚染性」を持つ塗料です。そのため、いつまでも美しい塗膜を持続するだけでなく、遮熱性が長く続く遮熱保持性にも優れています。

 

 

高耐候性

紫外線に曝されても長期間劣化しない、高い耐候性で屋根を長期間保護します。
無機成分の配合により緻密で強靭な塗膜を形成。
促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、Siシリーズは4500時間(期待耐用年数15~18年)、MFシリーズでは6000時間(期待耐用年数20~24年)が経過しても光沢保持率80%以上を保持します。