新着情報

NEWS

塗料の種類・選び方

塗料の種類と塗料選びのポイント

塗料には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

光和建装では住宅の状況や現状の悩み、今後の計画にあわせて最適な塗料を選べるよう、様々な性能を持った塗料をご用意しております。

 

水性塗料と溶剤塗料の違い

塗料には、水を溶媒とする水性塗料と、揮発性の有機溶剤を溶媒とする溶剤塗料があります。

一般的に溶剤塗料は耐候性に優れているというイメージが定着していますが、現在は、技術革新により、水性塗料も耐候性などの性能に大きな差はありません。

 

 

「水性塗料」と「溶剤塗料」の比較

 

 

*VOC(揮発性有機化合物)とは、Volatile Organic Compoundsの略称。

シックハウス症候群などの健康被害や、大気汚染などの環境被害を引き起こす原因物質の一つとされている。

 

樹脂ごとの特徴の違い

樹脂は塗料の原料として重要な成分で、含まれる樹脂によって塗料の特徴は異なります。

樹脂の特徴、メリット・デメリットを理解することで、ご自宅の屋根・外壁にはどのような特徴を持った塗料が必要か判断することができます。

 

樹脂別 特徴比較

 

 

補足情報:耐候性の高い塗料は長期的に見るとコストが安くなる!

 

塗料の機能を発揮させるための注意事項

塗料の機能を十分に発揮させる為に絶対に外せないポイント、それは、施工要領を守る事です。

施工要領とは、各塗料メーカーが「このように塗ってください」と定めた塗り方の基準です。

この基準が守られていないと、たとえ1缶10万円以上する塗料でもその機能を十分発揮する事ができず数年で劣化に繋がってしまうこともあります。

施工会社には下記2点が守られているか確認しましょう。

 

 

この乾燥時間を遵守して工事をする為には、施工会社がどのような工程表を出すかで確認できます。

工程表とは工事のおおまかなスケジュールを記載したものです。工程間の乾燥時間があまりに短いようであれば施工会社に直接確認しましょう。