新着情報

NEWS

塗装工事の得をする外壁ランニングコストの考え方

塗装工事の得をする外壁ランニングコストの考え方

building_house6

ランニングコストとは期待費用のことです。電気代やガス代が毎日いくらかかっているとか、毎月のガソリン代が大体いくらなのかといったことです。私たちは光熱費やガソリン代にはすごく敏感です。

ガソリン代を安くしたいから燃費の良い車を買ったり、光熱費が高いからオール電化にしたりといった具合に何か物を買うときに維持費を考えながら商品を選びます。

最初にかかる購入費用が少々高くても維持費が安かったら、それを長年使い続けることで、結果的に得することはよくあります。これがランニングコストの意識です。

jgzv5lnnsgoe4e7cjd2x

実は外壁を塗り替える時にもこの考え方が必要です。前にお話ししたように塗装は時期の経過とともに衰えてきます。

それで塗り替えの必要性が生じるのですが、塗料はその種類によって耐用年数が全く異なります。耐用年数10年の塗料であれば30年間で2回の塗り替えで済みます。

当然、耐用年数が長い塗料の方が材料代は高くなりますが、実は屋根塗装工事や外壁塗装工事などの塗り替えで費用の大半は塗装職人の人件費や足場取り付けなどの足場代なのです。

材料代が少々高くても耐久性のある塗料で塗装を行った方が、長い目で見ると工事費用は格段に安くなります。

nefuda_yasui

仮に耐用年数が10年の塗装工事が100万円で、耐用年数15年の塗装工事が120万円だとします。そうすると耐用年数が10年の塗装工事であれば、30年間で300万円かかります。

ですが耐用年数が15年の塗装工事の場合は、30年間でかかる費用は240万円です。これが外壁塗装のランニングコストです。

1回の工事費が高くなっても2回の塗り替えで済ませた方が、長い目で見ると60万円も安上がりなのです。耐用年数を長くして塗り替えの回数を減らすことが大切なのです。

doc20190508083010_001

車そのものが少々高くても燃費がいい車を買うように、私たちは維持費用を考えて商品を買ったり、選んだりします。しかし外壁の工事についてこの意識をされている方は、少しずつ増えてきていますが、あまりいらっしゃいません。

塗装業者の説明不足にも問題があるかもしれませんが、塗料の耐用年数の説明をあまり聞かずにただ『安いから』という理由で、その業者に工事を依頼してしまうと結果的に損してしまうこともあるのです。

工事費用は安いに越したことはありませんが、単純に目先の安さばかりに目がいってしまうと損をしてしまいます。『安上がりで得をした』と思っていても実は損をしている人が多いのです。

 

また、ごく稀に『今回は予算が限られているから外壁だけ塗って、何年かしたら屋根を塗ります』と言われる方がいます。

しかし外壁を塗るときも屋根を塗るときも足場代がかかる場合がありますし、高圧洗浄工事もかかります。

屋根と外壁と一緒に塗装するのであれば、1回の洗浄で済みますが、外壁と屋根の塗装の時期をずらして塗装するのであれば、2回洗浄することになります。これでは明らかに不経済です。

それに屋根だけを塗る場合は最初に屋根だけを洗浄しますが、当然その時の屋根の汚れなどは下に流されて外壁を汚してしまいます。塗り替えをするときは一度にまるごと塗ってしまった方が経済的なのです。

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■