新着情報

NEWS

塗装工事やリフォームで失敗しないために

 

リフォーム検討時の相談先について調べてみると、やはり、1位はやはり「地元密着の工務店」で最も多く約4割です。

 

次いで、2位「リフォーム専業会社」、3位「大工・職人」、4位「ハウスメーカー」5位「住宅設備メーカー」となっています。

 

リフォーム・修繕の主要な目的が電気まわり、ガスや水まわり、トイレなどにある場所には、電力会社やガス会社などに相談、依頼という事もあります。

 

このように一口にリフォームといっても、その目的や修繕箇所によっても、各種の業者、会社がある事がお分かりいただけると思います。

 

結果的に、リフォームの依頼先も、「地元密着の工務店」「リフォーム専業会社」「大工・職人」の順位に変わりありません。

 

 

実は、「リフォーム専業会社」が最もトラブルをおこしているのですが、これは別で話をしようと思います。

 

ほぼ7割の人が最初に問い合わせた業者に、工事の発注をしてしまっているということです。これは、一度見てもらって見積もりなどを出してもらったり、紹介してくれた友人や知人の手前その顔をつぶすようなことは出来ないとばかり、相談した先にそのまま発注してしまうと言う傾向があると言う事です。

 

義理や人情を大事にする日本人の美徳を、良くも悪くも利用して、無理矢理、受注室いると言う実態ですね。今や、病院などでもセカンドオピニオンを求める事が権利とされている時代です。命の次に大切とも言えるマイホームです。

 

日本的なメンタリティによって、不本意な工事の発注は、厳に戒めたいものです。 見積もりを検討して納得行くまで事前に検討するのが、失敗しないリフォームの第一歩なのです。

 

リフォーム予定の有無に関わらず、今後リフォームする際に重視する点を聞いたものでは、第1位は「価格の透明性・明朗さ」が39パーセント強、第2位に「説明の分かりやすさ・丁寧さ」が33パーセント強、次いで「価格の安さ」が31パーセント強となっています。お客様の心理として、価格の関連する点が、業者選定の大きな要素になっていると言う事が分かります。

 

 

場合によっては100万円近くもかかるリフォーム工事ですから、少しでも、安く、効果的な工事をしたいと言う願いは当然の事と言えるでしょう。私達の会社に相談に来るお客様はほとんど40代から50代で初めて塗装する方やリフォームする方で、次に多い方が、2回目のリフォームを依頼する方です。

 

それも、一度目のリフォームに失敗してやってこられる方が少なく有りません。リフォームの目的は、建物の老朽化で手入れが必要になった、内装やデザインに飽きが来た、トイレや風呂、キッチンなどの設備が古くなって新しくしたい、子供が成長して子供部屋を増設したい、子供が成長して家を出て行って夫婦二人が過ごしやすい様にしたい、バリアフリーにしたい等々、さまざまです。

 

いずれにしても、自分達がどんなリフォームをしたいのかを明確にして、その方法について業者に相談すると言う事が重要です。業者に言われるままに、あれもこれもと積み増していくような事になると、予算をオーバーしてしまったり、そんなはずではなかったと言うトラブルの原因になってしまいます。ある意味で、施主であるお客様が主体性をもっていなければ、「お客様の無知」を利用したトラブルを招く原因になってしまうのです。

 

ですので、お客様はそうならいよう、工事を依頼する会社の担当者と入念に打ち合わせしなければなりません。

 

 

□■■□■■□■■□■■□■■□■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■