新着情報

NEWS

外壁のひび割れは外壁塗装メンテナンスのサイン

 

住宅やアパート、マンションなど建物は必ず経年劣化を起こします。建物が傷みすぎると様々な不具合が応じ、住めない状態になります。そうならないように、修理、改修、塗装工事などのメンテナンスがとても重要です。ここでは””外壁のひび割れは外壁塗装のメンテナンスサイン””として、外壁のひび割れの種類や自分なりの見解、工事方法などを解説していきます。

 

質問

現在、壁にヒビ(1mm程度)が入り、隙間から雨水が浸入し内部を傷めるのではないかと心配しております。そろそろ塗装のリフォームをしたほうが良いでしょうか?もしくはもう少し様子を見てからでもいいのでしょうか?

 

結論

外壁のひび割れ1mm以上の場合は、業者に依頼して修理するレベルの劣化です。外壁塗装の計画を早めに勧めるべきです。また1mm以上ののひび割れになるとそのひび割れの補修あとが残ります。なるべくひび割れが少ない状態でメンテナンスを行うことが、きれいな建物を維持する重要ポイントです。詳しく解説していきます。

 

外壁のひび割れは4つ種類があります。

住宅などの建物にはいろいろな外壁材が使用されますが、その分ひび割れの仕方や原因もいろいろとあります。大きく分けて4種類あり、それぞれ説明します。

 

目次

※クラックの種類と症状、補修の仕方

 

ヘアクラック

縁切れクラック

構造クラック

乾燥クラック

まとめ

 

ヘアクラック

 

 

髪の毛くらいの細い線のようなひび割れを『ヘアクラック』と言います。主な外壁材ではモルタル、コンクリート、サイディングなどで生じるもので、主に””経年劣化””で起きてしまう症状です。建物そのものがひび割れているということではなく、””塗装面の劣化による塗装の塗膜がひび割れる””現象になります。

 

原因として、塗装膜の経年劣化で外壁材などの素地の水分での膨張や収縮に塗膜が追いつかなくなりひび割れを起こしてしまうものです。また外壁材そのものが膨張・収縮が生じやすい素材でその上に硬質系な塗料を塗装してしまうとヘアクラックとなってしまう場合もあります。ですが、現在の塗料では【フレキシブル性(柔軟性がある塗料性能のこと)】でしなやかな塗料が多いため、上記のような””塗料そのものが硬質なためヘアクラックが生じた場合””は少なくなっています。ですので、現状の建物では少し考えにくいです。

 

しかし、木材の上にペンキを塗装した場合は木材の膨張・収縮にペンキ(塗料)が追いつけずひび割れというより、はがれてしますケースがあります。木材の上を塗装する場合はペンキではなく、『木材保護塗料(ステイン・カラーステイン剤)』を塗装するのが正解です。ただし、木材保護塗料はペンキの基本的に上からは塗装できないので、その時は塗装専門店に要相談してください。

 

>>おすすめ記事 木材を使った外壁材に塗るオススメ塗料4選

 

縁切れクラック

 

 

塗装時の塗り継ぎで乾燥具合が違う事による施工不良で、モルタルやコンクリートで生じる症状です。基本的に塗装工事は塗装面に対して””硬化する前に1面を施工する””が基本になります。もし、1面の外壁の半分を当日に行い、半分を翌日に施工してしまうと、当日と翌日の硬化した時間が違うためひび割れを起こしてしまう症状です。

 

補修・改修の仕方については、ひび割れがヘアクラックくらいの細かいひび割れの場合は、『フィラー』という、厚みが付き、細かいヘアクラックを埋める効果のある””微弾性系の下地調整下塗り材””を使用する場合が主な補修方法になります。0.3mm以上のひび割れの場合はフィラーでは対応出来ない為、コーキング材やパテ材などの補修材でひび割れを埋めないといけません。

 

ひび割れが浅く、そこまで大きなひび割れではない場合は、そんまま充填すればいいですが、大きいひび割れの場合は、機械のサンダーでUカット(U字形にひび割れに沿ってコーキング充填のため傷口を広げる作業)またはVカット(U字形にひび割れに沿ってコーキング充填のため傷口を広げる作業)を行い、充分にコーキング材やパテ材が充填できるようにしなければならない少し大きなか改修工事になってしまします。

 

構造クラック

 

 

構造状の欠陥や不具合で地震などの不同沈下(家が均等ではなく斜めにかたむく現象のこと)などで建物が大きく揺れたときなどに生じる場合があります。モルタル・コンクリート・サイディングなどの外壁材に多く見られる症状です。またサイディングの場合は構造状では無く””サイディングの厚みの薄さ””で釘廻り、の所からひび割れてしまう場合もこの構造クラックと言えます。

 

補修方法して、外壁材が動くことにより外壁材にムーブメント(引っ張る力)が働いてひび割れが応じますので、その部分をムーブメントに耐えうる状態にしなければならないので、コーキング材を充填します。奥まで充填出来ない場合は、UカットやVカット作業をした上でコーキング充填します。

 

 

乾燥クラック

 

主にモルタルの時におきる症状が『乾燥クラック』です。外壁材をモルタルで施工されたものは乾燥中モルタルが収縮しながら硬化していきます。その時に””完全に乾燥して硬化する前に””塗装してしまうと、その硬化中の収縮に塗装の塗膜が追いつけず、ひび割れがしてしまう症状です。

 

補修としては、乾燥クラック自体のクラックの深さはさほど大きくない事が多いので、微弾性の下地調整下塗り材のフィラーを塗装していき、ひび割れを埋めてからシリコンやフッ素などの上塗りを塗装する施工方法が主となります。

 

フィラーでた対応出来ないようなひび割れの場合は、コーキングを薄く打ったあとに平たいゴムへらなどで薄くならしながら、ひび割れを埋めていき、コーキングの収縮で上塗り材がヘアクラックをおこさないようにやはり、フィラーを下塗りしていく方法になります。

 

>>おすすめ記事 塗装の下地処理方法を知る

 

>>おすすめ記事 外壁塗装や補修をしなければならない5つのサイン

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。外壁などのひび割れは大きく分けて、『ヘアクラック』『縁切れクラック』『構造クラック』『乾燥クラック』があり、コーキングやパテ材で補修したり、微弾性下地調整下塗り材で処理するなどいろいろな修理方法があるとご理解頂いたと思います。外壁塗装を計画、比較する際によく【塗料の性能】ばかり気を取られがちですが、塗装の性能が100%に発揮されるようにするにこのひび割れなどほ補修した前提で塗装された場合のみです。

 

塗装する前にどのような治療(補修・改修)方法をするのかは塗装工事店それぞれです。説明を塗料だけするところは注意が必要です。

 

>>光和建装にお問い合わせはこちら

 

>>おすすめ記事 外壁塗装を安さにこだわった人の末路

 

>>おすすめ記事 塗装工事をする前に知っておく防衛策3選