新着情報

NEWS

外壁を塗り替えなければならない2つの理由

外壁を塗り替えなければならない2つの理由

『今すぐ塗り替えないと大変なことになりますよ!』これは悪徳業者のセールストークです。実際に今すぐ塗り替えないと大変なことにある家はそんなにありません。

ただ外壁を定期的に塗り替える必要はあります。最近の塗料の性能もよくなって大体10年から15年くらいが塗り替え時期の目安と言われています。

外壁塗装

そもそも、どうして定期的に塗り替える必要があるのでしょうか?外壁を塗り替えなければならない理由は二つあります。一つ目は『見た目』です。車も長い間洗わずにいると泥だらけになってしまいますが、家も新築して5年も経てばずいぶん汚れてきます。汚れている車や住まいは決して気持ちが良いものではありません。

特に日本人はきれい好きです。家や車が汚れ放題だと『みっともない』という感覚があります。中には家の汚れが気にならないから全く塗り替えをしない人もいます。

しかしこの人は大切なことを見落としています。外壁を塗り替えなければならない理由は見た目だけではありません。本当に大切な理由は建物を『保護』する為です。外壁を塗り替えなければ家の寿命は短くなってしまいます。これが二つ目の理由です。大切な家を元気に長持ちさせるために塗り替えをするのです。

見た目の資料:宮崎の塗り替え施工事例 

 

おすすめ

家はお手入れをしなかったら確実に傷んでいきます。特に屋根と外壁は強い太陽光、雨水、台風や雪といった環境にさらされています。その過酷な環境から家を守るのが塗装工事なのです。塗装は家全体を包み込むバリアなのです。ほとんどの家の外壁はモルタルかサイディング材です。もし塗装されていなければ、雨水に触れているうちにすぐに弱って破損が生じてしまいます。それを防ぐために塗装を施されているのです。塗装の膜が家を守っているのです。

モルタル、割れ、ひび、サイディング、汚れ、コーキング、

資料:塗り替えの時期/塗装の種類について

塗膜が永久に壊れないのであれば塗り替える必要もないのですが、残念ながら塗膜は時間の経過とともに少しずつ衰えていきます。放っておくと塗膜が弱くなり、破けてしまったり剥がれてしまったりします。塗膜が破けて防水バリアなくなってしまうと、モルタルやサイディングなどの外装材が直接水に触れてしまい、破損するのは時間の問題になります。

necchusyou_face_girl5

また、外壁には『ヘアクラック』と呼ばれる髪の毛くらいの細いヒビが入っていることがあります。外壁のヒビのことを『クラック』と言いますが、ヘアクラックはその子供や子分のようなものです。とても細いヒビで本当に目立ちません。

悪徳業者は外壁にヘアクラックを見つけると『雨水がこのヒビから入り込んでいます。内部の柱が腐れる寸前です。今すぐ塗り替えないと大変なことになりますよ!』と脅してきます。しかしこれはちょっと大げさ過ぎるセールストークです。髪の毛くらいのヒビであれば雨水が構造体を腐らせることはまずありません。

なぜならモルタル壁やサイディングなどの外装材、また屋根材の裏側には防水シートが敷き詰めてあるからです。その下に柱や下地の木材があるのです。一番上の塗膜が破れて外装材や屋根材が破損し、さらに防水シートも破れて初めて下地の木材に水が達します。だからヘアクラック程度であれば防水シートが水の侵入を防いでくれます。

防水シート タイペックシート 改質ゴムアスルーフィング

ただ、防止シートも完璧なではありません。防止シートは家を建てる時に釘を使って張るので釘穴が出来てしまうのです。だから防水シートは釘穴だらけです。防水シートは新築時でも完璧ではないのです。たからヘアクラックを『こんな小さなヒビなんて』と甘く見なてはいけません。

ヘアクラックとは言え外装材や屋根材が破損している状態には変わりありません。放っておくとクラックは確実に大きくなっていきます。破損部が拡大していきのです。

そうすると頼りにしていた防水シートもやがて湿気でやられてしまい破けてしまいます。いったん防水シートが破けてしまうと、いよいよ雨水はじわじわと家の内部に侵入し始めます。雨水が家を侵食し始めるのです。そして雨漏りの原因になります。

雨水が2階の外壁のヒビから入り込んで外壁の内部を伝って1階の天井から雨漏りしたりします。けれども早い段階でのあまっもりは家の異常に気付くだけまだましな方です。

最悪なのは室内に漏れずに壁の内部の『見えない部分』に雨漏りするケースです。見えない部分とは他でもない家を支えている柱(骨組み)のことです。

この雨漏りを長年放置していると柱などの骨組みの侵食が進んでしまいます。家全体に微妙な歪みが生じで窓やドアの開け閉めがスムーズにいかなくなるくらいならまだいいのですが、湿気を好むシロアリによって柱を食い荒らさたりしたら大変です。

この『見えない雨漏り』が始まって、室内に漏れだすまでの期間を言ってみれば『潜伏期間』のようなものです。潜伏期間が長ければ長いほど事態は悪化してしまいます。やっと室内に雨漏りして異常に気付いた時には、家そのものがボロボロになって資産価値が無くなっているときもあります。

だから室内の壁に原因不明のカビが生えた時や、梅雨時期でもないのに『家の中が妙にジメジメしているな』と感じた時は要注意なのです。

その為、クラックは塗り替え時期を示す一つの症状と考えるべきです。外壁がクラックだらけでも塗り替えをしない人もいますが、塗り替え時期が遅くなればなるほど建物の補修が大掛かりになって費用が余計に掛かってしまいます。

これは虫歯と一緒です。虫歯はちょっと痛みが感じた時に歯医者さんに行けばすぐに治りますが、『痛みだったら大丈夫』とタカをくくって放っておくと治療が大掛かりになっていきます。

スライド1 スライド2

なるだけ治療にお金を掛けないためにも、家の病気は早期発見・早期治療が大切です。一度、壁にクラックがないか調べてみてください。

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■