新着情報

NEWS

外壁塗装の見積を頼む前に

 

 

外壁や屋根の塗装を行う前にすることとは『見積を取ること』です。しかし、ほとんどの方が業者任せになっているのが現状です。もちろん、見積をする業者(工務店や塗装専門店など)は建物を守るプロですから、建物のことを分かっているのは当然です。

 

しかし『塗装工事を考えている』ということは、建物は10年位またはそれ以上の年数が経っている建物だと思います。何を言いたいかというと、見積を取ろうとしている方のほうが業者より建物そのものを見ているということになります。

 

業者としても、建物の劣化や早急に直したほうが良い補修などは分かるかもしれませんが、お客様が『どういう意図で工事を行いたいか』は超能力者ではない限りは、分かることは不可能です。

 

ここでは『外壁塗装の見積を頼む前にすること』で具体的なおすすめ行動を説明して行こうと思います。

 

まずは結論として『業者任せにせずに、自分たちでも建物の状況を理解することが大切』です。そして業者との打ち合わせの際に、お互いの相違がないかを確認していくことにより、外壁塗装の成功が見えてくるのです。

 

次に具体的なアクションプランを説明していきます。

※注意点ですが、ここでは外壁塗装のアクションプランになります。

 

1.各室内(部屋やトイレ、お風呂場、脱衣場など)を確認する。

 

 

どうして、外壁塗装を行うのに部屋の中などを確認しなければならないのかと、思われる方も多いかもしれません。理由としては『雨漏りをしていないか』を確認するためになります。塗装工事はあくまで、外壁材や屋根材などの保護する役割があり、その用途で塗装工事を行います。

 

今でもたまにいらっしゃいますが『雨漏りしているから塗装する』や『雨漏りをしないように塗装をする』というのは、残念ながら間違いです。外壁塗装や屋根塗装は『外壁材のサイディングや屋根材のコロニアル、セメント瓦を守るために塗装する』というのが、正解になります。

 

雨漏りというのは、あくまで外壁塗装や屋根塗装を怠った原因で外壁材や屋根材が痛み、それから強度が下がり、コーキングや防水シートを劣化させ雨漏りが始まるのです。それを二次原因と言います。

雨漏りしているのであれば、塗装工事をする前に雨漏り補修をしなければなりません。雨漏りの修理とは防水シートの交換やコーキングの打ち替えや防水工事になりますので、塗装工事とが関連するものもありますが、また少し違う工事ですし、防水シートなどの工事は塗装職人では工事することはできません。

 

ですので、各室内を確認して『天井やその他に雨染みはないか』『おかしいクロスなどの剥がれはないか』『部屋にカビなどは生えていないか』などを確認していきます。

 

もしそのような状況になっている所を見つけた場合はプロに雨漏りかどうか確認してもらいましょう。しかし、中には営業マンで詳しくない人もいますし、原因の説明をしない人もいますので、質問をして納得できない場合は、複数の業者にきいてもみるのもいいかもしれません。

 

2.敷地を見回す。

 

 

次は敷地内を見回し『工事をするときに移動しなければならない物はないか』を確認してください。塗装工事をするときには、敷地内に足場や塗料を置くスペースなどを確保しなければなりません。

 

確保できなければ、まず工事に入ることはできませんので、とても重要なことです。ですので、もし敷地内にどんなものがあるかを把握して『破損しては困るもの』などを確認してください。今すぐには移動は必要ないかもしれませんが、工事前には移動しておいた方がトラブルを避けることができます。

 

また一人では移動できなさそうな物がある場合は、ある程度の移動は良心的に手伝ってくれる場合もありますので、見積を頼んだ業者に前もって聞いた方が段取りがスムーズです。もし周辺の荷物が多く、捨てるものある場合は金額がかかる場合があるので、注意が必要です。

 

3.駐車スペースの確保

 

 

外壁や屋根の塗装工事を行う時は足場工事店の車両(トラック)や塗装職人の車両(軽バンや軽トラックなど)が工事中が駐車しなくてなりません。またもし他に大工工事などのリフォーム工事が伴ってくると、その作業員の車両スペースも必要になってきます。

 

目安としては、車両が1台~2台は停めることができれば、大丈夫かと思います。もし、その台数停めるスペースがない場合は、近隣の人に頼まないといけなくなったり、月極めの駐車場などを利用しないといけなくなってしまいますので、早めの確認が必要です。業者の方もその部分は協力してくれると思いますので(光和建装はもちろんします)前もって確認が必要です。

 

4.劣化状況を把握しておく

 

 

ここでやっと外装関係になります。建物を周辺を見渡しながら現状はどのような状況になっているかを確認してください。新築の時を覚えていれば、新築の時と今の時で変化していることはないかを確認して、できればリストアップした方が良いです。

 

そして、業者が来た時にリストアップした内容を質問していき、修理方法や工事内容を確認していきます。このように疑問点を解消していくと、共に問題点を共有できるので、外壁塗装の成功にもつながりますし、質問に答えることができないような業者や説明をめんどくさがるような業者は工事を頼まない方が得策なので、業者をふるいにかけることもできます。

 

5.どんな材料があるか調べてみる

 

 

外壁や屋根を塗装する材料、塗料は各メーカーで数えきれないくらいたくさんの種類があります。また外壁塗装に伴って工事する、シーリング(コーキング)についても塗装しなくても10年や15年も耐久性のある材料や防カビ性に特化したものなどいろんな種類があります。

 

どれも共通している事は『いいものは高価である』ということです。外壁をフッ素樹脂で塗装して、コーキングが30年耐久の高級なものを使用して…など、確かにそういった物を使えばとても長持ちする塗装になるかもしれません。

 

しかしそれは、とても高価な外壁塗装になりますし、外壁の塗膜やコーキングが期待値並みに長持ちするかもしれませんが、他のもの『雨どいの接着面』だったり『木製部分や鉄部分の腐食』だったりと素材そのものが持たないものもありますので、注意が必要です。

 

また高級すぎる塗装工事になり、予算オーバーで工事することができなく延期することになってしまったら、本末転倒です。そうならないように業者も工夫して『ここは高級なものを使用して、この部分は費用対効果が見込めないので無難なものを使用して…』など見積をしています。

 

その工夫が業者すべてが一致していれば、金額だけ見ればいいだけなので、簡単なのですが、中には『安い塗料を使ってとにかく安く仕上げる』業者もいるので、要注意です。

 

そういった業者に引っかからないようにある程度の材料の把握は必要かと思います。また材料のメーカーをアステックペイントの材料や日本ペイントの材料を指定して見積をしてもらうなど、工夫をすれば、平均した仕様で金額を見比べることができる場合もあります。

 

※アステックペイントのおすすめ塗料はここをクリック(タップ)

 

※日本ペイントのおすすめ塗料はここをクリック(タップ)

 

まとめ

 

ここでおさらいです。『外壁塗装の見積を頼む前にすること』で必要なことは

 

1.各室内(部屋やトイレ、お風呂場、脱衣場など)を確認する。

 

  • 雨漏りは塗装工事では直すことができないので、別工事が費用です。建物が雨漏りしていなかの確認をするために各部屋の天井やクロスなどに違和感がないか確認しましょう。

 

2.敷地を見回す。

 

  • 工事中は敷地内に足場や塗料などを置くスペースが必要なので、確保できるかの確認をしておきましょう。また『破損しては困るもの』は事前に移動をしておきましょう。周辺に荷物が多いときや捨てるものが多い場合が費用がかかる時があるので、注意・相談してみましょう。

 

3.駐車スペースの確保

 

  • 工事中には各工事の作業員の車両を停めなければいけないので、駐車スペースの確保できるかの確認をしましょう。近隣の人に借りれるかなどの把握が必要です。もし確保できない場合は駐車場を借りないといけない場合があるので、注意が必要です。業者の人にも協力してもらいましょう。

 

4.劣化状況を把握しておく

 

建物の周辺を見渡しながら、違和感があるものについてはリストアップしましょう。リストアップしたものを業者に質問して行き、疑問を解決していきましょう。質問に答えることができないような業者や説明をめんどくさがるような業者は工事を頼まない方が得策です。業者選択での一つの基準となります。

 

5.どんな材料があるか調べてみる

 

各業者もいろんなことを考えて見積しています。しかし中には『安い塗料を使ってとにかく安く仕上げる』業者もいるので、要注意で、そのような業者に引っかからないようにどのような塗料やコーキングなどの材料があるかを調べてみることが重要です。

 

アステックペイントや日本ペイントの材料など指定して見積をしてもらうと比較しやすいばいいもあります。

 

家を建てるときもそうだったように事前に把握することにより、外壁塗装を大成功と導きやすくなります。見積の比較も金額だけを比較せず、塗装以外にもどんな工事を提案しているのか、担当はどんな人なのかなど、いろいろな視点で比較した方が納得の塗装工事になると思います。

 

 

※光和建装に電話で問い合わせしたい時はココをタップ(クリック)

 

※光和建装にWEBで問い合わせしたい時はココをタップ(クリック)