新着情報

NEWS

外壁塗装・塗り替え時期のサイン5選

外壁塗装・塗り替え時期のサイン5選

外壁塗装行うきっかけには、さまさまな建物のサインがあります。ここではこのサインを見逃さないように、確認するポイントを5つ紹介していきます。ご自宅は大丈夫かチェックしていきましよう。

house_boroboro

汚れやコケ・藻が生えている。

汚れている家

ベランダの壁に黒い汚れ(雨染み)や北側に緑色のコケ・藻が発生していませんか??汚れが付いているということは、塗膜の『低汚染性』が低下している原因で発生します。

またコケ。藻が発生しているということは、塗膜の『防カビ・防藻性』が低下していることが原因です。塗装を行うことによって、塗料の特性『低汚染性』や『防カビ・防藻性』を発揮させ、汚れやコケ・藻を抑制させてます。

汚れが付いている・コケや藻が発生しているということは、塗装工事を計画する一つのサインになります。

汚れやコケ・藻に効果のあるコーティング材:日本ペイントのクリスタコート

 

色あせ

スライド2

外壁の色あせは塗膜の顔料が劣化している証拠になります。塗料は顔料で色がついています。紫外線などが原因で、傷みやすい色から順に色が抜けてしまします。ポップな色は色が抜けやすく、白に近い色は逆に色が抜けにくいのが顔料です。

チョーキング(塗料が手につく現象)

スライド1

チョーキングは白亜化とも言われ、塗料の顔料が最劣化して起きる現象です。塗料の成分(顔料が)粉状になり、手についてしまう現象のことです。服などについてしまうとなかなか洗濯では落ちません。注意しましょう。色あせやチョーキングに強い材料が発売されています。塗り替えの時期を長く持たせたいときには、そのような材料を選択することもひとつです。

チョーキングに強い材料:日本ペイントのパーフェクトシリーズ その2 日本ペイントのパーフェクトセラミックトップG

ひび割れ(クラック)

スライド4

サッシまわりや建物のつなぎ目などに良く発生しているひび割れ(クラック)は地震などの揺れの強さに耐え切れず外壁材に伝わり、割れてしまったものです。

ひび割れが起きたからすぐに補修することはないですが、外壁塗装を行うときにこの補修は必要となります。どこにひび割れがあるかを確認することによって、業者を打合せしやくすなります。

施工方法はさまざまで、ひび割れの上からコーキングやパテで補修する『充填』やUカットやVカットで傷を広げ、細部までコーキングで埋める方法などがあります。※1

※1 UカットやVカットできない外壁材もありますので、施工時に業者に確認してください。

外壁目地シールの劣化・コーキング(シーリング)の劣化

スライド5

訪問業者が一番指摘してくる分かりやすい劣化のひとつです。外壁材と外壁材のつなぎ目にあたる部分やサッシ廻りに施工されています。つなぎ目に雨水が入らないようにする防水効果、地震などの揺れを外壁に伝えなくするようにする効果などあります。

外壁で雨漏りの原因になる部分にもなります。少しの劣化では、外壁材の中に防水シートはありますので、すぐには雨漏りは発生しませんが、サッシ廻りのコーキングは注意が必要です。

施工事例:コーキング工事

まとめ

いかかでしたでしょうか??他にも痛みのサインはいろいろありますが、分かりにくいところや外壁材によって違いがありますので、比較的わかりやすいところを5選として、ご案内しました。

お休みの日などにご家族でたまに家を一周見られるのもいいかもしれません。サイン5選に当てはまったら、細かく点検した方が良いかもしれません。その時は信頼されている業者や弊社に問合せしてみてください。

弊社では点検したお客様には『建物診断報告書』にまとめてお渡しをしています。

他資料:塗装工事で失敗しないために

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■