新着情報

NEWS

大規模改修工事に適した塗料の選び方

大規模(アパート・マンション)改修工事において「塗料選び」が重要だということをご存知ですか?
戸建住宅とは違ったポイントを押さえておく必要があるのです。

 

 

大規模改修工事の塗料選びのポイント

ポイント① 美観性を保持すること

ポイント② 中性化対策

 

ポイント① 美観性を保持すること

アパート・マンションの見た目の綺麗さは入居率のアップと既存入居者の満足度のために必要です。
そのためには長期間汚れにくい塗料で、見た目の美観を保持することが大切なのです。
さらに大きなコストがかかる大規模改修工事は長期的にコストが抑えられるかどうかが重要。
耐候性が高い塗料で長持ちさせることがコスト削減につながります。

 

超低汚染性で美観を長期間保持!

超親水性の塗膜により、汚れが付着してもその汚れを雨水が洗い流し、屋根・外壁の美観を長期間保持します。

高耐候性で長期的に見てコストダウンが可能!

塗膜の最大の劣化要因である紫外線に対し強い耐性を発揮。

 

 

ポイント② 中性化対策

アパート・マンションに多く見られるコンクリート構造の改修工事には中性化対策も重要です。

 

 

 

中性化が進むと内部劣化が進行し、コンクリートが割れ剥落を起こしてしまいます。

 

 

アパート・マンションなどの大規模の建物の多くには耐火性、遮音性、遮熱性、耐候性に優れているコンクリートが使用されています。
しかし、コンクリート表面に塗装された塗膜がひび割れ・剥がれを起こしてしまうと、そこから空気中の二酸化炭素や酸性雨などが浸入し、アルカリ性であるコンクリートを徐々に中性化する傾向があります。
コンクリートが中性化すると、表面に細かなヒビが入るだけではなく、最悪の場合、コンクリート自体が割れてしまう恐れがあります。

 

コンクリートの中性化・劣化を抑えるには?

 

ポイント① コンクリート表面を塗装でカバーすること

ポイント② 弾性塗料で塗膜のひび割れを表面化させないこと

 

表面にヒビ等が入っていると、コンクリート内部にも雨水や二酸化炭素が入り込み、コンクリートの中性化・劣化に繋がってしまいます。
よって、コンクリート表面がひび割れないよう塗装すること・またひび割れたとしてもそれが表面化しないよう、ひび割れに追随する弾性塗料を使用することが大切なのです。

 

 

□■■□■■□■■□■■□■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■

宮崎市・日南市・高鍋町・佐土原町・綾町で屋根塗装や外壁塗装、遮熱塗装をご計画されている方、お気軽にご相談ください。

宮崎市で外壁塗装・屋根塗装、防水塗装、特殊塗装のことなら、宮崎県宮崎市の光和建設に
おまかせください!

■電話でのお問合せ■

TEL:0985-69-8774

メールでのお問い合わせフォームはこちら

■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■