新着情報

NEWS

失敗しない業者選び

今回お伝えするのは失敗しない業者選びについてです。

塗装するにあたって業者選びは一番気になるところだと思います。

悪徳業者だったらどうしよう、出してもらった見積もりは本当に適正なのだろうか。

きちんと塗装してくれるのだろうかなど。信頼できる業者を探すにはどうすればいいのか。それは複数の業者から見積もりを貰うことです。

複数の業者から見積もりを出してもらえば見比べてだいたいの相場がわかります。頼んでもない訪問販売の営業が来て即決するのだけはしないようにお願いします。もしそのような業者を家にいれてしまうとありもしない情報を言ってきたり、すぐに塗装しないと雨漏れを起こしますよ!などと不安を煽り破格の金額、または値段は安いかもしれないがいい加減な手抜き工事をされたりと取り換えしのつかないことになる可能性は大いにあります。屋根を無料点検などと言い瓦を気づかれないように割り、それを使い工事を迫ったりとやりたい放題。

そのような業者は、他業者と比べる時間を与えずに即決させてこようとしたりします。なので、まずは侵入を許さないことです。

 

次に気を付けてほしいことは、見積書をもらったら説明を受けると思います。わからないことがあればどんどん聞いてください。塗装業者によって見積もりの出し方は違います。例えば雨戸が見積書にあるとします。その雨戸の単位も㎡だったり枚だったりと…。中には一式と書かれていることだってあります。

外壁、屋根は何度塗をするのか?3度塗が基本ですので…。塗料の付きをよくするシーラー、そして塗料を2回塗ることによってムラをなくし耐久も上げる効果が出ます。見積書の中身に何回塗るのか記載がない時は、質問してくださいね。

コーキング工事は、やるのか?コーキングは以前もお伝えしましたがとても重要です。ここの怖いところが何もせずに上から塗装してしまえばわからなくなるということです。もしコーキングの補修なしに塗装すると数年でコーキング部分から傷みが始まりますので外壁にも影響が出てきます。そうなるとすべてが水の泡となります。古いコーキングを剥ぎ取って新しく打ち替える打ち替え、既存のコーキングの上から充填する打ち増しとあります。その中身でも料金が違うので気にするようにしてください。

細かく説明のある見積書ならいいのですが、大雑把な単位の時は質問お願いします。

もう一つ、気をつけてほしいことがあります。こちらは、あなたが気をつけることになります。それは値切り交渉です。それは安ければ安いほうがいいですよね?例を出します。例えばA社で100万だったとしてB社が110万だったとします。その時にB社に

「A社は100万だったけどもっと安くならないの?」

などと言ってしまうとB社としては頑張って出した見積もりのはずなのに否定されてしまった感じがして面白くありません。A社が2回塗りでB社が3回塗りだったら金額が違っていて当たり前。見比べるなら必ず同じ土俵の上で、値段だけでなく中身も見て判断するようにお願いします。もしそれでB社が更に値段を下げた場合、施工不良になりかねません。なぜなら値下げした分何かを削っているので…。塗料、人件費など。

例えばあなたが果物屋さんで100円で仕入れた新鮮なリンゴを90円で販売しますか?おそらくそのようなことはしないはずです。安売りするなら何かしらの理由があると思います。賞味期限が危ないなど。お客さんを呼び寄せる為のイベントみたいなものだったり、イベントなら良いのですが塗装屋ではそのようなことはないので( ゚Д゚)。ということで先ほどの事は言わずに2社の工事内容をしっかり確認してから判断してください。

塗装って雑貨屋で売っている物などと違ってすぐに手に取って見れるものではありません。完成してからやっとわかるものです。

希望の仕上がりを目指す為に業者としっかり話し合いをして相談していくようにお願いします。そしてお互いに気持ちのよい関係でいられるような仲であれるような世の中を目指していきます!