施工実績

WORKS

現場住所
宮崎県宮崎市まなび野
工期
20日間
費用
--
内容

外壁塗装
シリコンREVO1000
その他
ファインSi

リフォーム概要

築15年ほどのお宅での外壁塗装を施工させて頂きました。
今回の戸建ては、洋風な感じの建物で、塗装する前も全体的に見ると、少し色落ち感はありましたが、きれいなお宅に見えました。しかし、細かなところも点検していくと、外壁縦目地のコーキングが汚れていたり、ひび割れをおこしていました。また、外壁の表面も素地(外壁材の中身)が少しではありますが、見えている状態でざらざらしている状態でした。
屋根は陶器瓦という材質の瓦で、陶器の材質に釉薬で加工した瓦で塗装する必要のない瓦でしたので、今回は外壁塗装とそれに付随している破風板(鼻隠し板)、雨樋、軒裏、シャッターボックス、ベランダ床面、門柱と塗装させて頂きました。
まず、二階建てという事もありましたので、全体的に安全対策と近隣へのトラブル回避も兼ねて、足場と飛散防止シート(メッシュシート)と取り付けました。今の時代は””手塗り””で施工するのが一般的なので、近隣へ飛散するリスクは少ないですが、完全に飛散を防ぐことはできませんし、高圧洗浄を掛ける際、前の塗膜やチョーキング現象が起きている外壁ですと、前の塗料の色が水と混ざって飛び散ってしまいます。
そうなってしまうと、近隣へのトラブルリスクも高まってしまいますので、飛散防止シートは必須といえます。次に、外壁など””塗装するところ””と駐車場など””普段なかなか洗えないところ(ここはサービス)””を高圧洗浄機で水洗いし、汚れや古くなった塗膜を剥ぎ取りを行い””塗装しないところ””などにマスカーという、ビニールとマスキングテープという、紙テープなどで””養生””をしていきます。
そのあと、外壁やサッシ周りのコーキングの劣化が見られたので、コーキングの工事をおこないました。今回は外壁の縦目地部分のコーキングは、今のコーキングを取り外して、新しいコーキングと取り付ける””打ち替え””を行い、サッシ周りのコーキング今のコーキング上から厚みを付けて充填する””打ち増し””を行いました。そうすることで、外壁やサッシなどの窓周辺から雨水を侵入させないように””防水するのです。
上記の作業が整ってからようやく塗装工事のスタートになります。今回使用したのはアステックペイントジャパンという塗料会社の材料で外壁塗装を行いました。アステックペイントジャパンという会社は本社が日本にある塗料会社になります。””海外の製品””と思われがちですが、ちゃんとした””日本に本社がある会社””です。そのアステックペイントの””シリコンREVO1000””という外壁塗装専用の塗料で、仕上げました。
外壁塗装は通常、シーラーという下塗り材を通常1回、劣化が著しいものは2回塗ることが推奨されています。そのシーラーを下塗りしたのち、シリコンREVO1000を中塗り、上塗りを二回塗装して、合計””三回塗装””して、仕上げました。
その他の破風板(鼻隠し板)や雨樋などは、日本ペイントのファインSiという油性(弱溶剤)のシリコン塗料で仕上げています。また門柱塗装や郵便ボックスなどもサービスで塗装させて頂きました。お客様も””初めて外壁塗装をお願いした””方でしたので、何かと心配していましたが、その都度にお電話や訪問し、ご説明して納得して頂きながら、施工させて頂きました。そのこともあり工事完工してとても喜んで下さいました。
外壁や破風板、雨樋も新築みたいに色も復活し、今まで以上におしゃれな洋風の家に生まれ変わりました。外壁塗装や屋根塗装などのリフォーム工事は””工事が終わってからが商品””なので、何かと不安をもってらっしゃるお客様がほとんどです。そのようなお客様の不安を少しでも解消しながら、見積や施工に心がけています。